国語力・読解力の土台を身に付けるために親がするべきこと

コロナ国語教育アカデミー代表田添マチ子です。

延べ1000人以上の子どもたちの国語力を見てきて、

またその保護者の皆さんとお会いしてきて思うことがあります。

それは

国語って生まれつきの能力で決まるんでしょ?

だから今から頑張っても無駄だよね???

という思い込み、刷り込みが強烈だということ。

10年以上、国語を教えてきた今、

私はその思い込み・刷り込みに対して、はっきりとNO!と言えます。

「ノー」の画像検索結果

私自身、実は学校の国語は得意ではありませんでした。

高校1年生の時、進研の記述模試で県で1位、全国で30番以内に入ったのがピーク。

しかもたった一度きり。恥ずかしながら。

国語はずっとわけの分からない、難しいものでした。

そんな私が今、国語教師になっています。

ずっと学校の国語の授業にモヤモヤしていました。

中3の小説の授業の時、登場人物の気持ちを考えようという内容の時に、

「それは先生の思い込みでしょ?この人に実際に聞いてみないと分からないと思う」と国語の先生にハッキリ物申したことも。

その国語の先生、私を蔑む様な目線を精一杯ヒステリックに送ってきただけでした。

「そんなこと言うなんて、あんたって馬鹿!?」と言いたかったようですが

実際、何も反論できなかったんだろうと思います。

だからそんなことしかできなかった。

募集開始しました。

何をするのかよく分からないまま、

それっぽく授業しているという先生は国語には多い気がします。

そんな授業では国語力は身につくはずがない。

教える側に国語力とはこういうものだ、という定義と

そのためにこのように教える、という指針がないといけません。

学校に国語力のある先生がいないなら、

学校にクレーム言って担当を変えてもらう!のではなく、

各家庭で何かしないといけません。

学校や塾だけで真の国語力・読解力を身に付けるのは難しいです。

国語ほど日々の積み重ねがモノを言う科目はありません。

家庭での過ごし方が大切です。

家庭での国語力・読解力の土台は

いかに自分の想いに、大切な人に耳を傾けてもらっているか、

つまり、自分の想いを表現する機会があるかということ。

真剣に聞いてくれる人がいれば

子どもは表現しようとします。

表現しようとして言葉を得ようとします。

言葉を得るために人の発言や文章に興味を持ちます。

それが国語力・読解力の基本、土台。

一方的なインプットでは国語力は身につかない。

国語力・読解力が足りないというご家庭は

アウトプットが不足している印象が強いです。

国語力・読解力に関しては、

インプット<アウトプットと言ってもいいかと思います。

是非、ご家庭でアウトプットができる環境作りをしてほしいです。

コミュニケーションが活発になり、親子関係も良い方に発展していきます。

国語力・読解力は人間力アップでもあるのです。

最新の教室の空き状況はトップページをご覧ください。

教室が遠い!という方はメール添削講座がおススメ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加